道路・橋梁/検査・計測

各種調査や有限要素法解析(FEM解析)を実施し、
道路橋や鉄道橋の安全性評価診断を行います。
また、必要に応じて補修・補強対策も実施します。

道路・橋梁

コンクリート橋

鋼構造物と異なり劣化要因は中性化、塩害、凍結融解、アルカリ骨材 反応など多様でしかも複合化しています。また、コンクリートの品質や施工時良否 などにも左右されます。そのため調査・診断には総合的で高度な技術や経験 が要求されます。

検査・調査

非破壊検査、応力・振動・騒音、亀裂進展自動計測、鉄筋・空隙レーダ探査、風洞試験、疲労試験、制振装置(TMD)設計・製作・据付、照明柱劣化判定、強度理論解析


道路トンネル

外圧、地盤沈下、地盤変状等の外因によりひび割れが発生します。
車両が安全に走行できる様に調査・診断を総合的に実施します。

検査・調査

非破壊検査、背面空隙測定、亀裂進展自動計測、鉄筋・空隙レーダ探査


道路

道路下面は上下水道管、ガス管等色々な構造物が埋設されています。また、地下水位の関係で地下空隙等の陥没につながる恐れがあります。これらを事前に把握する必要があります。

検査・調査

非破壊検査、応力・振動・騒音・張力計測(走行実験、起振実験)、 背面空隙測定、亀裂進展自動計測、鉄筋・空隙レーダ探査、風洞試験、 疲労試験


鋼橋

交通量の大幅な増加に伴い鋼橋の疲労が問題となっています。亀裂の把握、 応力状態など、現状の状況を把握し、補修・補強の基礎資料を得る必要 があります。
また、大型橋梁ではケーブルを用いた吊橋、斜張橋があり、これらの張力を 管理し、橋梁の健全性を把握する必要があります。

検査・調査

非破壊検査、応力・振動・騒音計測、亀裂進展自動計測、風洞試験、 疲労試験、制振装置(TMD)設計・製作・据付照明柱劣化判定システム、 強度理論解析、有限要素法解析(FEM解析)、固有振動解析、ケーブルの張力計測


金属柱(照明柱・標識柱)

道路附属設備の一つである照明柱は、様々な環境下に設置されており、地際部に雨水などが溜まりやすく、設置から長期間が経過すると地際から埋設部にかけて腐食が発生し、断面欠損を生じることが判明しています。
第三者に影響を与えないためにも適切な時期に補修・交換といったメンテナンスを実施することが非常に重要です。

検査・調査

非破壊検査、照明柱劣化判定、制振装置(TMD)設計・システム製作


アンカーボルト

道路に設置された照明ポールや標識柱のアンカーボルトが腐食環境に曝されると『ベースプレート内』あるいは『ベースプレートとコンクリート基礎近傍』で腐食による減肉が生じます。
特に、断面欠損が生じる場所は
◆海岸沿いなどの塩害を受ける道路
◆腐食生成物を多く含んだ排気ガスが出る交通量の多い道路
◆塩カリを含んだ融雪剤を散布する寒冷地の道路
さらに、風あるいは走行車両の振動等による繰り返し応力の作用により、減肉部を起点とした疲労き裂の発生も懸念されます。
道路附属設備の一つである照明柱は、様々な環境下に設置されており、地際部に雨水などが溜まりやすく、設置から長期間が経過すると地際から埋設部にかけて腐食が発生し、断面欠損を生じることが判明しています。
第三者に影響を与えないためにも適切な時期に補修・交換といったメンテナンスを実施することが非常に重要です。

検査・調査

非破壊検査


架線支線ロッド

【本システムは、東日本旅客鉄道株式会社殿と共同開発を行いました】

鉄道電力設備には電車線・き電線・配電線などの様々な架線があり、この架線を電柱に引留める際、架線と反対側には支線が設置されています。この支線は架線の張力に抵抗する役目を担っており、この張力に抵抗する部品の1つに支線ロッドと呼ばれる金属棒があります。支線ロッドは地上部分で支線と接続され、下部の大部分は地中に埋設されています。この支線あるいは支線ロッドが破断しないようにメンテナンスすることが非常に重要で、これらの健全性の確認は重要な点検項目となります。そこで、東日本旅客鉄道株式会社殿と共同研究を行ない、非破壊検査技術の超音波技術を用いて直接目視できない支線ロッド埋設部の腐食状態を高精度に判定できるシステムを開発しました。

検査・調査

非破壊検査


検査・計測メニュー

お問い合わせ

ニチゾウテックの製品・サービスに興味をお持ちの方は、
どうぞお気軽にお問い合わせください。

株式会社ニチゾウテック 技術コンサルティング事業本部 営業部

〒551-0023 大阪市大正区鶴町2丁目15-26
TEL 06-6555-7054 FAX 06-6555-7062