放電破砕工法

電気エネルギーと特殊な薬液を活用して、衝撃力を発生し、岩盤やコンクリートを破砕します。破砕力の制御、騒音・振動の低減、非火薬で安全性が高いことが特長です。放電破砕工法は、発電機・放電衝撃発生装置・放電ケーブル・放電カートリッジで構成されます。装置内のコンデンサに充電を行い、電気エネルギーをスイッチにより1/10000秒の短時間でカートリッジの金属細線に供給し衝撃力を発生します。

主な適用分野

落石・転石撤去工事(防災)

落石・転石・崖崩れなど防災・減災上、撤去が必要な箇所に適用します。

特長
  • 危険な施工場所での撤去実現
  • 制御破砕による周辺施設の保護と施工影響の最小化を実現

解体・改修工事(土木・建築)

道路・橋梁の伸縮部改修・支承取替、施設・建物の改修などコンクリート構造物、岩盤の破砕に適用します。

特長
  • 破砕力を制御し低騒音・低振動施工を実現
  • 狭隘な施工場所での工期短縮を実現
  • 制御破砕によるリニューアル工事へ提供

解体・掘削工事(土木・建築)

施設・建物・装置の基礎撤去、立坑・深礎工の掘削、建設工事に適用します。

特長
  • 火薬に近い破壊力
  • 非火薬で安全施工、CO2発生量を低減
  • 狭隘な施工場所での工期短縮を実現
  • 制御破砕による周辺施設の保護と施工影響の最小化を実現
お問い合わせ

放電破砕工法の技術・製品、及び、パートナー契約に関する
ご相談はどうぞお気軽にお問い合わせください。

株式会社ニチゾウテック 機械・建設事業本部 プロジェクトチーム

〒551-0023 大阪市大正区鶴町2丁目15-26
TEL 06-6555-7030/FAX 06-6555-7064/E-mail:houden@nichizotech.co.jp