放電破砕工法/仕様・能力

安全性と環境への影響を考慮した「Flash Blaster」。
連続騒音や振動の発生を制御でき、市街地での施工も可能です。

特長と仕組

「Flash Blaster」の破砕の仕組(基本原理)は、高電気エネルギーにより、放電チップと液剤を反応させ、発生する瞬間的膨張力により破砕する工法です。

特長

  • 火薬類取締法の規制を受けません。
  • 破砕力をコントロールできます。
  • 振動・騒音・粉塵の発生が制御できる、優しい工法です。
  • 消費電力が少ない省エネルギー工法です。
  • 大型重機が使えない狭い現場や、室内でも施工が可能です。

他工法との比較表

「Flash Blaster」の基本的な仕組

  • 「Flash Blaster」は、高電圧を瞬間放電できる装置と、放電現象を発生させる放電チップ及び、反応液を封入した放電カートリッジ「エコリッジ」から構成されています。
  • 高電圧(1.5kV~3kV)を「エコリッジ」へ高速で供給します。
  • 放電現象によって「エコリッジ」の放電チップと反応液が反応し、瞬間的な膨張力(破砕力)が発生します。
  • 破砕力は、放電カートリッジ「エコリッジ」のサイズによりコントロールします。

能力

騒音・振動・粉塵などの公害特性に優れた「放電破砕工法」。その破砕能率は1日当たり5~25m3
破砕力は最小10cm×10cm(コンクリート)程度から調整できます。

破砕原理

放電時の瞬間的な膨張力による破砕

使用機材

削孔用ドリル、放電衝撃発生装置

特長
  1. 破砕力の制御により騒音・振動の制御が可能
  2. 硬岩(一軸圧縮強度350MPa)やRCにも適用可能
  3. 装置、カートリッジの取扱いが容易
  4. 隣接している躯体との間に、隙間があれば、影響を与えない
  5. 法的規制を受けないため、施工時に、資格・届出を必要としない
公害特性

【騒音(dB)】 60~83(20m地点、単発騒音) ※特殊液量による
【粉塵】 簡易なシート養生で抑制可能

輸送装置

ワンボックス車に積載

養生設備

防爆、防音シートでの覆い養生が必要

破砕能率

5~25m3/日

構成仕様

「Flash Blaster」放電破砕工法は、放電衝撃発生装置(ESG-3K1タイプ)と放電カートリッジで構成しています。

放電衝撃発生装置
型番 ESG-3K1
入力電源 AC100V
放電電圧 3,000V
出力数 1
充電時間 40s
エコリッジ最大接続数 3本×6系統増設可能
装置寸法
(W×L×H)
操作盤 80×240×250mm
制御盤 200×500×685mm
高圧盤 533×510×788mm
重量 操作盤 2kg 139kg
制御盤 27kg
高圧盤 110kg
エコリッジ(放電カートリッジ)
  寸法 内容量 標準削孔径
SSS φ10×55mm 1.2cc φ12
SS φ10×79mm 2cc φ12
S φ15×55mm 5cc φ18
M φ19×60mm 12cc φ20
L φ27×60mm 25cc φ30

エコリッジ安全取扱指針


ワンボックス車に積載可能

付属品

  • 放電ケーブル

  • 防爆シート

  • ウェイトマット

  • タンピング材(砂)

  • タンピング用治具

  • 樹脂タンピング剤A

  • 樹脂タンピング剤B

  • 放電カートリッジ【エコリッジ】

対象

岩盤の掘削から、構造物(コンクリート)の解体、転石破砕、伸縮装置取替、そして支承部補修等、また、機械掘削では困難な工事、民家近隣地等、あらゆるシーンでの施工を可能にしました。

岩盤掘削・撤去

  • 大型重機が不用
  • 狙った位置だけを掘削可能

トンネル岩盤掘削

  • 硬岩破砕(実績350Mp/一軸圧縮強度)が可能
  • 振動制御が可能

鉄筋コンクリート解体・撤去

  • 既設鉄筋を切断しない
  • 微小な制御破砕が可能

支承部周辺補修

  • 天井まで30mmの空間で撤去が可能
  • 既設構造物への影響は最小限

伸縮装置取替・撤去

  • 鉄筋コンクリート破砕の応用
  • 片側車線での施工が可能

転石破砕・撤去

  • 大規模な交通規制が不要
  • 大型重機が不要

深礎工掘削

  • 機械掘削では困難な掘削が可能
  • φ5m以下の深礎工も可能

ダム放流設備改修工事

  • RC構造物と硬岩盤の同時除去が可能
  • 既設配管や構造物への影響が少ない

お問い合わせ

放電破砕工法の技術・製品、及び、パートナー契約に関する
ご相談はどうぞお気軽にお問い合わせください。

株式会社ニチゾウテック 機械・建設事業本部 プロジェクトチーム

〒551-0023 大阪市大正区鶴町2丁目15-26
TEL 06-6555-7030/FAX 06-6555-7064/E-mail:houden@nichizotech.co.jp