INTERVIEW

先輩インタビュー

INTERVIEW

武市 健汰
所属部署
技術コンサルティング事業本部
入社年
2016年4月
学歴
大学卒 工学部 機能材料工学科

Q. 1

入社のきっかけ、決め手は?

非破壊検査に興味を持っていたため会社説明会に参加しました。その際、ニチゾウテックの事業が多岐にわたり、業務が広範囲に及ぶことを知り、多くを学べるのではないかと思って志望しました。また資格取得に対してのフォローがしっかりしていること、年間休日が充実していることなども魅力でした。

Q. 2

現在担当している業務内容を教えてください。

水力発電土木設備の劣化診断や道路照明等のアンカーボルトを点検する業務を担当しています。どちらの業務も、対象構造物の劣化程度の診断や余寿命予測を行うために、超音波機器を使用しています。

Q. 3

とある一日の仕事の流れ

8:45
朝礼。メールの確認、スケジュール管理
9:00
前回の出張先の設備調査時に得られたデータの整理および報告書作成
12:00
昼休憩
12:50
スケジュール確認・整理、次の出張に必要な書類の作成(安全、コスト管理)
14:00
次の出張機材の準備
15:00
前回の出張先の設備調査時に得られたデータの整理および報告書作成
17:35
退社

Q. 4

仕事の中で大変なことは?

業務のために必要とされる知識が多く、日々の仕事と並行して様々な資格を取得していかなければならないことです。苦労も多いですが、知識を増やして仕事の幅を広げていきたいと考えています。

Q. 5

仕事をする上で大切にしていることは?

未経験なことにチャレンジし、様々な経験を積むことです。まだまだ分からないことが多いですが、何事もまず経験してみることでより理解が深まると考えています。

Q. 6

仕事において自分が成長したなと感じることは?

入社して間もない頃は、分からないことだらけであまり余裕がありませんでした。しかし、今は自分のペースを掴むことができ、ある程度余裕を持って仕事に取り組むことができています。